MANAGEMENT
ACADeMIA

ベンチャー企業の成長を担うCxOのための経営スクール

EVeM代表 長村 禎庸

創業者の
夢を叶える
CxOになる

EVeM代表

長村 禎庸

Yoshinobu Nagamura

毎年人が大量に辞めては入る不安定な組織、下がり続けるサービスKPI、思いがバラバラの経営幹部陣、希望を持てないメンバー・・・・素晴らしいビジョン・サービスを持て甘し、ベンチャー企業の病に犯され、衰退の一途をたどろうとしていた会社に取締役COOとして招聘され、2年で事業を急成長させ同社をマザーズ上場に導きました。

その過程で感じたことがあります。

  • 良いサービスを事業として・組織として成長させ持続発展可能にすることがベンチャーマネージャーのミッションである
  • そして、その方法は型化して提供可能である
  • これこそが日本のベンチャー企業に必要な型なのではないか

その型の一部を公開したのが「ベンチャーマネージャーのマニュアル」です。
スライド再生数は70万回を超え、ベンチャー経営者・マネージャーの間でマネジメントのバイブルとなりました。
ベンチャー企業の急成長を担うCxO人材を育てたい、この想いひとつで立ち上げたのが「EVeM MANAGEMENT ACADEMIA」です。
第1期は21名のベンチャーマネージャーをお迎えし、熱気溢れるアカデミアとなりました。

単なる座学で終わることなく、ベンチャー成長のエッセンスを同じCxOの仲間でのディスカッション、実践、長村との1on1を通じて徹底的に身に着け、自社に実装してもらいます。

「受動的にマネジメント理論を学びたい」という方の参加はご遠慮ください。本アカデミアのカリキュラムは非常にハードです。そして、全てやりきれない方のご参加はその方にとっても、コミュニティにとっても良くありません。

EVeM MANAGEMENT ACADEMIAは、自社を・日本を本気で成長させたいと意気込むCxOの集まりであり、将来の成長請負人が集うコミュニティです。

FeATURE

特徴

  • 01

    "ベンチャー経営マネジメントの型"が身に付く

    どんなベンチャー企業でも通用するベンチャーマネジメントの型及びその経営への活用方法を身に付ける

  • 02

    学びだけで終わらない徹底した実務主義のプログラム

    セッションや1on1を通じ各自の実務に活かせる状態にする。また、修了後の能力開発方針の策定までサポート。

  • 03

    CxOコミュニティ

    セッションやワーケーションを通じ、同じ課題に向き合い、意見を交え、支え合えるCxOの仲間が得られる

APPLICATION ReQUIREMENTS

応募要項

■概要■

  • 全12週の講義・実践+1on1
  • 4/21~7/21の3カ月
  • 50万円/人(カード決済可)+ワーケーション交通費実費(東京在住の場合3万円程度)

■募集要項■

募集期間:2/17~3/31
選抜方法:書類選考+面接
募集人数:10名程度(選抜試験の結果次第では人数前後する可能性あり)
対象:ベンチャー企業のCxO及びCxOを目指すシニアマネージャー
条件:全ての回に遅刻なく参加できる方

■特典■

  • 成績優秀者にはEVeM認定トレーナーの資格を付与。自らがトレーナーになりEVeMのプログラムを有償提供することが可能

■注意事項■

  • 全ての回を参加必須とします

SCHeDULE

受講スケジュール

DAY 内容 場所
2021
04/14
キックオフ オンライン
04/21 ベンチャーマネージャーの型① オンライン
05/12 ベンチャーマネージャーの型② オンライン
05/19 ベンチャーマネージャーの型③ オンライン
05/26 ベンチャーマネージャーの型④ オンライン
06/02 ベンチャーマネージャーの型⑤ オンライン
06/09 ベンチャーマネージャーの人間性 オンライン
06/16 経営チームの組成と全社マネジメント オンライン
06/30 ハードシングス オンライン
07/07 判断・決断 オンライン
07/09-11 ベンチャーマネージャーのキャリア(ワーケーション) 岐阜県郡上市
07/17 自己開発計画 渋谷スクランブルスクエア wework
  • Session=講義+ワーク
  • 長村と1on1を行い、立てたプランをブラシュアップ
  • オンライン会は19:00〜22:00で開催

APPLY

以下の項目にて書類審査します。
通過者にはメールにて面接のご連絡を致します。

    株式会社FULL COMMISSION
    経営企画 マネージャー

    佐川 環

    Tamaki Sagawa

    ベンチャーにジョインして4年目。代表の横でスピード感のある経営に関わり、楽しさと同時にどんな動き方が効果的か…模索している時にEVeMを受講しました。それまでは、ベンチャーではない企業との環境差に戸惑ったり、なんとかフル回転で推し進めてきたのですが、EVeMでマネージメントを体系的に落とし込めば強い武器になることを学びました。ベンチャーだからこそ、人・チームのマネジメントは大事です。EVeMで、学ぶだけでなく実践できたこと、さらに他社のマネージャーたちとの時間により視野が広がり、その経験が今大活躍しています。

    テラスマイル株式会社
    取締役

    金田 千広

    Chihiro Kanada

    入社当時2人だった組織が大きくなる段階で、ステージごとに違った悩みや問題を抱えましたが、どういった構造でそういったことが起きたのか、本来はどうするべきだったのか、過去を振り返ることができました。学んだことは次の日から生かすことができましたし、どのように振る舞い、人と接するべきかが分かり自信をもって決断をすることができるようになったと思います。EVeMに出会うことができて本当に幸せです。

    株式会社スペサン
    COO&Co-Founder

    小見山 薫

    Kaoru Komiyama

    自社のフェーズが変化していく中で、どんな時でも課題の中心には「マネジメント」があり、自分自身がマネジメントについてもっと体型的に学ぶことが会社の成長に繋がるのではないかと思い、EVeMに参加しました。長村さんの提唱する「マネジメントの型」は、特殊なスキルではなく、どれも自分の経験に直結するもので毎回目から鱗でした。マネジメントに向き合う仲間との学びの場が得られてとても有意義な期間になりました。

    株式会社AppBrew
    Brand Partner Team/General Manager

    紺野 佳南

    Kanami Konno

    このアカデミアを受講するまで、マネジメント と聞くと属人的で政治的なイメージが強かったですが、成果を出すこと、そして一緒に働くメンバーの成果を最大化させることにフォーカスした内容が多く体系的にマネジメントを学ぶだけではなく、自分自身がより仕事に前向きになれました。また、同じような課題を持った方々との横のつながりは、何にも変えがたい財産になったと思っています。非常に濃密な時間を過ごすことができるプログラムなので組織課題やマネジメントにおける課題にお悩みの方は是非アカデミアに参加してみてください。

    株式会社Tenxia
    取締役

    三辻 大志

    Hiromune Mitsuji

    ベンチャーのマネージャーは「リソースが限定的」「プレイヤーとの兼任も多い」など特殊な事情が多く、一般的なマネジメント本が応用できない部分が多いのが悩みでした。
    EVeMは、メガベンチャーでのマネージャーや上場ベンチャーでのCXOを経験した長村さんがベンチャーでのマネジメントに特化してまとめたプログラムなので、現場ですぐに実践・応用できることが多く、今の自分に役立つぴったりの武器を与えてくれました。

    株式会社ライトハウス
    取締役CTO

    松野 洋介

    Yosuke Matsuno

    今までマネージャーのスキルを体系的に学んだことがなく何を学べばいいか悩んでいる時に、藁にもすがる気持ちでEVeMに参加しました。EVeMでは、基本的な考え方やスキルなど型を得ることができ、それを通して結局大事なのは人間としての器の大きさ、誠実な態度なのだと教わりました。また同じ悩みを持つ仲間を持てたのが大きな資産になったと思っています。これから人生を送るうえでの一つの指針になりました。

    株式会社ライトハウス
    取締役COO

    神戸 慎央

    Norichika Kanbe

    体験して感じたことは以下のように3点あります。
    1、欲しかった知見を手に入れた
    2、自分に対して自信を持つと共に課題を見つけることができた
    3、相談相手/仲間を手に入れられた
    1に関して
    ベンチャー企業での経営陣/マネージャーとしてのマネジメントの理論を体系立てて学んだことが初めてで、弊社のフェーズにはちょうど良いタイミングということもあり、かなり仕事に役立っています。
    バイブルを手に入れたような感覚があります。
    2に関して
    起業してから、がむしゃらに仕事をしてきたこともあり、果たしてこれが正解なのだろうか、ということを考えることもあった。
    そのようなモヤモヤに対して長村さんの理論やクラスメイトの考え方等を知ることができました。
    その結果、間違ってなかったのか、と自信を持つ部分と、やらないといけない部分がクリアになったと感じています。
    3に関して
    何か困ったことがあった際は、気軽に相談できる仲間を作れました。これが一番の収穫かもしれません。

    Goodpatch
    デザインマネージャー

    長岡 宏

    Hiroshi Nagaoka

    ベンチャー企業のマネージャーにとって一番重要なことは、組織が急拡大していく不確実でカオスな状況の中で、その状況に応じた適切な対応が必要ということ。
    そんなベンチャー企業の成長フェーズにおけるマネージャーのマインドセットや取るべき行動、スタンス、そのために必要なスキルなどが網羅的に、また体系的に学ぶことができます。
    すぐに翌日から使えるフレームワークやチップスも豊富で、とても実践的な内容となっています。

    株式会社Mobility Technologies
    人事部 部長

    辻本 知範

    Tomonori Tsujimoto

    人事としてマネジメントに悩むマネージャーから相談を受けることが多く、その時に何かしら役立つ話ができればという思いから受講に至りました。
    講義を通じて、「理論から実践への落とし込みイメージが持てる」というのが一番の収穫でした。
    頭ではわかってても実践するのは難しいなと思っていた部分が、同じ悩みを抱える仲間とのワークを通じてこれなら取り組めそうだというイメージまで持っていくことができたのが大きかったです

    株式会社グラム
    代表取締役

    徳永 雄一

    Yuichi Tokunaga

    EVeMでの一番の学びは、マネジメントにおける“考え方”を言語化できるようになった事です。“考え方”が言語化できていると、人にもメソッドを伝えられるし、類似ケースに直面した時もスピーディに対応できるので、やはり「考えたらわかる」という状態と、ある程度考え方を構造的に整理できている状態は大きな差があるなと感じます。とはいえ成果を出してこそなので、得たものを活かして事業や組織を伸ばしていきたいと思います!

    株式会社アグリメディア
    農地活用事業本部 本部長

    北島 聖士

    Satoshi Kitajima

    ひと括りにベンチャーと言っても千差万別ですが、マネジメントにおいて生じる課題の大半は“ベンチャーあるある”だと思い知りました。日頃の業務で課題に直面しても、その大半はEVeMで勘所を事前に教わっているので、冷静に対処できるようになります。EVeMはまさに質の高い「予想問題集」のようなもので、実践的な講座でした。また、日々正面からマネジメントと向き合っている仲間との出会いも私にとって重要でした。EVeM、3150!